文鳥の飼い方や魅力がわかる総合情報サイト

文鳥.com 基礎から飼い方まで

おすすめ文鳥グッズ

文鳥
「文鳥」
¥1,050
文鳥を知る&飼うのに、まずはこの一冊がおすすめ。

文鳥書籍
「文鳥の救急箱100問100答」
¥1,470
いざという時に役立つ本。

ケージ防音カバー
「ケージ防音カバー」
¥14,280
隣近所さんへ鳴き声が気になる方に。

文鳥鳥かご清潔シート
「鳥かご清潔シート」
¥480
毎日のお手入れも楽に♪

アウターバードバス
「アウターバードバス」
¥450
外付けの水浴び器なので超便利!


「鳥かご除菌スプレー」
¥2,100
水洗いしかできないケージもこれで除菌。

ペットヒーター
「ペットヒーター」
¥2,980
文鳥のケージの保温に重宝します。

文鳥ケージ
「文鳥ケージ」
¥4,980
HOEIのオシャレなケージ。色も数種類から選べます。


「デジタルスケール」
¥2,480
体重測定は文鳥の健康管理に欠かせません。0.1g単位まで計れる高性能はかり。


>>その他文鳥グッズ

文鳥Q&A

文鳥に関する疑問や、知っておくと役立つ情報をまとめてみました。情報は、随時追加していきたいと思います。


【文鳥は冬でも水浴びさせた方がいい?】

「寒いから水浴びはさせない方が…」といって水浴びをさせないでいると、文鳥のストレスになったり体力低下の要因となりますので、浴びたいときに水浴びできる環境をつくっておいてあげましょう。
ただし、寒いからといって水の代わりにお湯で文鳥を水浴びさせるのはNG! 羽をコーティングしている油が落ちてしまい、かえって風邪を引いたり体が弱ってしまうので、お湯は避けてください。

【ごましお文鳥って?】

白文鳥と並文鳥の掛け合わせでできた文鳥、または桜文鳥で黒い頭に白いまだらがあるのを「ごましお文鳥」といいます。
ヒナの時点ではどんなごましお頭になるのか分からないので、ヒナから飼われた方は、どんな模様になるのか成鳥になってからのお楽しみにしておいてください。(ちなみにうちの文鳥はアゴに白い模様があり、チャームポイントになっています^^)

【文鳥の羽は切った方がいい? 切らない方がいい?】

文鳥には「風切り羽」という羽があり、これを切る(または抜く)ほど飛翔力が弱くなってしまいます。 風切り羽を切っておくと、万が一外に逃がしてしまったとき、飛翔力が弱ければすぐに捕まえて保護できるというメリットがあります。
ただ、やはり本来の羽の状態でいるのが自然であるということと、飛翔力が弱くなることにより怪我のもとになるので、個人的には出来るだけ切らないことをおすすめします。
ちなみに風切り羽は切っても生えてくるのですが、下手に切ると不自然な方向に生えてしまうこともあるそうなので、はじめて切る場合は鳥の病院で指導を受けた方がよいでしょう。

【普通の動物病院じゃ文鳥はだめ? 診察費用は?】

「犬猫等の診察がメインの動物病院でも、鳥を診てもらえるだろう」と思って動物病院に連れて行っても、適切な診察をしてもらえない場合が多いそうです。そのため、できるだけ鳥の専門病院または“鳥の診察が可能”とうたっている病院に連れて行ってあげた方がよいでしょう。
ちなみに文鳥の診察代はどのくらいかかるかですが、うちの文鳥が数回病院にかかったときは、一回あたり500〜2,000円でした。(文鳥の状態や病院によっても料金は変わると思うので、あくまでご参考に!)

inserted by FC2 system